平成8年創刊  「万蕾」終刊後、殿村 菟絲子の弟子、

           向笠 和子、下鉢 清子、北見 さとる

          、鈴木 喜美恵ら有志にて設立。

           「繪硝子」は殿村菟絲子の第一句集

           『繪硝子』より採られた。

  平成12年     推薦により,和田 順子が主宰となる。

           平成24年8月号で通巻200号を迎える。

  平成28年     「繪硝子」創刊20周年を迎え、28年3月

           に、20周年記念大会・祝賀会を挙行

  同人会長     平 嘉幸

  編集長      倉橋 廣

  活 動      周年記念大会、一泊吟行会、

           季節吟行会、同人勉強会、

           中央句会、支部句会など

           初心者にも入り易い形で活発に

           行われている。

  俳 誌      主宰作品、会員作品、主宰の

           エッセイなど約70頁
・月刊