初 鴨  和田 順子

 鴨来る勢ひづきて水の面

 初鴨らし首立て胸を張りゐたる

 沈思黙考秋冷の真ん中に

三五夜中新月の色いくたびも

明日がある素心てふ蘭いただきて

生くること日日に重たし地虫鳴く