いで羽                  和田 順子

三山詣でまづは残りの雪踏んで

葺替の萱を抱きて奉納す

水芭蕉ひそひそと耳寄せてをり

みちのくに魚の塔あり遅ざくら

のどけしや庄内竿といふ長さ

囀に掛けあり黒川能衣裳