十三湖          和田 順子

黒南風や雑魚吹かれ出づ十三湖

六ヶ所村薄の丈の大揺れす

基地の外へ蛍袋のはみ出せり

沼に日の差し白鷺の残す羽

少女らの笑ひ氷菓の溶くる間も

澱のごと淋しさのあり敗戦忌