秋の山         和田順子

 秋の山どこからか声登りくる

 揺れてゐる草より秋となりにけり

 鎌倉の秋を湧き出づ(つるべ)の井

 喜捨少し朱き鬼灯頂きぬ

 海を見に行かず行けずに夏終る

 これやこのビッテロビアンカてふ葡萄