淡墨桜        和田順子

  淡墨桜いづくに佇つも心満つ

  谷汲山春たけのこのはや出でて

  能郷白山折目正しき匂鳥

  ポップコーンときをり爆ぜて花の昼

  花のころ我も風化に従へり

  音を入るる鶯膝より疲れけり