桃の重さ       和田 順子

 ふくしまの桃の重きを頂きぬ

 原爆忌ひとりで歩くことに慣れ

 終戦日煮炊きの炎憚らず

 心なき嘘美しく冷房裡

金魚二匹山手線に乗ってゐる

 もう誰も通らぬからす瓜の花