郡上八幡         和田 順子


急流に乗るとき蒼む花筏

水に明け水に暮れたり郡上春

藍染の土間に吹込む花の塵

花吹雪吹き残されてゐる思ひ

土筆摘む古今伝授の里に来て

行く春の飴屋に買うて肉桂飴