寒 雀       和田 順子

一羽二羽あとどつと来て寒雀

寒に入る風攫うものもう無くて

凍て雲の解けぬままに暮れにけり

処方箋濡らしてゆけり冬の雨

母が子へ語り出すごと風花す

マスクして一人の時間戻りけり