藤古川      和田 順子

涼しさは閑けさ不破の藤古川

まくなぎや不破の関守屋敷跡

いつの世のことかと草の茂りかな

渡岸寺留守の茶店に涼みけり

通し鴨片寄せ余呉の高曇り

茫洋と山河も我も梅雨に入る