無 心    和田 順子

落葉踏む無心になれるところまで

鶺鴒の一羽走ればもう一羽

足元に風まとひつく歳の市

吊革の夜の寒さを掴みけり

洋梨の見事ないびつ愛すべし