いわき    和田 順子

  冬凪の湾炎えし日を忘れまじ

  吹き抜くる風と落葉の勿来関

  鞍掛けの松と伝へて菰巻きす

  湯に癒す馬に紅葉の降るばかり

    天田 愚庵

  落ちもせず愚庵生家の柿小粒