勿来の関   和田 順子

 鎮魂の祈り五月の海へ向き

 まくなぎや古関の謂れ読みをれば

 山蟻の越え惑ひをり勿来関

 夏弾ける草間彌生の水玉に

 常念岳の雪渓きらとけふの晴

 晴天を持ちこたへけり気象の日