年立つ   和田 順子

 年立つや半島の根に住み慣れて

 山の柿盛られ山廬の奥座敷

 澄む秋の音しらしらと狐川

 新刊の栞金色文化の日

 冬日あたたかわが身独りの繭となり