蓮の実    和田 順子

 建長寺の飛んで見せたる蓮の実

 邯鄲や波音退りゆく間に

 バス停の西日ひとりへ帰るべく

 新聞を揃へて括る野分あと

 紙芝居の水飴が好き秋夕焼

 一つづつ片付くしごと涼新た