今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

 蔵王はも越え来し大人(うし)の茂吉の忌    向笠 和子
 缶切りの爪の三角春立ちぬ           下鉢 清子
 どの家にも焙烙ありし福は内           北見 さとる
 冬山に軍荼利夜叉の灯の一つ         古島 恒子
 花嫁の出来上りたり梅日和            波木井 洋子
 握るもの皆冷たくて一人住み           梅田 利子
 春濤の華と砕けて真砂女の地          石澤 青珠
 春耕の一直線を往復す               関口 玉枝
 雪だるま真つ赤なシャベル持たさるる      金田 美穂
 雛道具すこしあそびて飾りけり          谷中 淳子
 腰太き縄文土偶春来る               小林 邦子
 義仲忌今も遠くに戦あり              宮崎 普美子
 春寒の耳より覚めて母の家            近藤 れい
 主なき象舎の冬日動かざる            植田 良五
 ナプキンをたたむリハビリ春を待つ        佐藤 芳枝

 
         上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
      一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
      にてお送りください。
      掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を贈呈いたし
      ます。
選評一句  (同人集作品より)
      まんさくや誰かゐさうな農具小屋   安原 則子

 まんさくが咲くころ、そろそろ農作業に取り掛かる。
 よく見なれた風景が懐かしくよみがえる。
 まんさくは「金縷梅」と書くが、広辞苑では「満作」と出てくる。
 その花が金色の捩れた花びらであるし、豊年満作のように咲くことからどちらも当たっているが、季語集に載っている。
「金縷梅」か「まんさく」を使いたい。春になって先ず咲く花がなまった「まんさく」である。ごそごそと誰か居そうな農具小屋。
 季節の中で俳句が詠まれ継がれて来たことを大切にしたい。

 
選評一句  (繪硝子集作品より)

   ゆっくりと歩けば見ゆる犬ふぐり     指田 昌江

 早春の野や道端に小さな空色の花を付ける犬ふぐり。
「犬のふぐり」とは、余り気付かない種の形による。
 ゆっくりと心も寛いでおれば、この可憐な花は目に止まると作者は
 言っている。 季節の変化に目を止めよう。小さな命を祝福しよう。
 この一句には、そんなメッセージが込められている。