今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

 葛飾のうすづく空や炉を塞ぐ          向笠 和子
 夜詣りの六角堂に春の猫            藤田 純男
 世間には何があらうと種を蒔く         古島 恒子
 春愁や病めば五欲の遠くなる          細川 普士子
 彼岸西風往きも帰りも桜橋           向笠 千鶴子
 軒しづく調べとなりて日脚伸ぶ         見田 英子
 烈風や身も世もあらぬ花ミモザ         梅田 利子
 高空に炎の開く御松明              小野田 征彦
 料峭の大王松の鱗かな             金山 征以子
 ドロップの缶振りて出る春の色         浅井 妙子
 菜の花の咲いて一村若返る           丹野 義子
 雪解川曲るに音を従へり             原 静枝
 夫さきに看取りていよよ月日貝         久保 タツヱ
 汝(なれ)も杖つきて咲かすや臥龍梅      村上 有秋
 実朝忌砕けて裂けし大銀杏           石澤 敏秀




     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にて、お送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。

選評一句  (同人集作品より)

     春寒や夜の紅茶に火酒少し    高野 ふよ子

 
「火酒」はウオッカと思いたい。ブランデーやウイスキーを紅茶に
 入れることはよくあり、詠まれもするが、「火酒少し」は初めて
 みる。
 今年の春の寒さは特別で寒い国ロシアのお酒を入れたくなった。
 春寒は、立春がすぎて春になってからの寒さ。
 余寒も同じであるが、こちらは寒が明けてもまだ続いている寒さ。
 変わりないと思うが、感じ方に微妙な差がある。
 この句も「春寒」でよかったのである。

 
 

 選評一句  (繪硝子集作品より)

   歩くたび空青くなるさくらの芽      吉田 七重

 桜の咲くのを心待ちにしながら歩いている。蕾は堅く、枝のの向こうに青空があるばかり。だれでも経験していることを、新鮮な驚きを
持って詠んである。
 そんな筈はないのだけれど「歩くたび空青くなる」のが詩的感動である。
 見たままを写すのも一つの方法ではあるが、ややもすれば平凡になってしまう。
 読む人に分かってもらえる自分らしさで挑戦していくべきである。