今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

うららかやだれも担がぬ力石         下鉢 清子
夜ざくらや京は六角麩屋の宿         藤田 純男
清明や杉千本の交はらず           古島 恒子
森閑と落花曼陀羅かくれ沼          鈴木 万佐子
夕桜あの世への井戸覗き見る        長崎 友子
合格子肩幅背丈計らるる           伊村 千代子
亀鳴くや世に囃されし人面魚         麻耶 紅
牛蒡咲き七十の坂無事に越ゆ        小野田 征彦
花冷の京に泊つるや西行忌         平 嘉幸
桜散る散ると誰もの無邪気かな       山口 佐喜子
日が沈む花散らしとふ風残し         金田 美穂
この池の百千の春を石の黙          永見 るり草
乗っ込みの鮒入れ替り立ち替り        石澤 敏秀
連結車桜の中へ切り放す           窪川 要子
移しゆく手燭の光復活祭           渋谷 乃里子

       上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
      一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
      にて、お送りください。掲載させていただいた場合、
      俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。


選評一句  (同人集作品より)

    祝日の国旗はためく種下し         吉田 七重

 「種下し」は、籾種を苗代に蒔くことである。 今では種蒔きのことにも言われるが、稲作が大事であった頃、籾は大切に虫など付かぬよう高い所に保存された。その籾を下ろしてくるので「種下し」である。
大体八十八夜のころである。
 立春から八十八夜は、ゴールデンウィークの祝日に当たる。
「祝日の国旗はためく」情景は、「種下し」の高揚感に繋がって、
とてもよかった。 こういう事を大切にしてゆきたい。

選評一句  (繪硝子集作品より)

    人容れぬ桜ふぶきとなりにけり       近藤 れい

 今年は桜の咲いている期間が長く、十分に花を堪能出来たのではない
だろうか。 風の強い日も多く、あちこちで花吹雪に出会えた。
 この句の凄さは、何気なく詠まれている「人容れぬ」であろう。
人の入る余地もなく見事な桜吹雪と言うことで無く、なにか人を
寄せ付けぬ妖艶さを思う。古来日本人が「さくら」に思いを寄せ続け、
歌に詠み、物語の舞台とし半ば神格化してきたゆえんであろう。