今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

藤咲けば己やさしくなりゐたり       向笠 和子

置石は安居のかたち竹落葉         下鉢 清子

桐咲くにだんだんひとととほくなる     北見 さとる

花は葉にせりせり鵜舟洗ひをり       藤田 純男

芥子咲くや脳裡はなれぬ一詩人       鈴木 万佐子

山伏の法螺の空耳雪解風          柳田 聖子

舟虫の支離滅裂の逃げつぷり        秦 光枝

ひそと飾る手作り兜子は遠し        宮田 美知子

この町は風が名物鯉のぼり         渡部 桂子

案の定雨の加賀なり橡の花         平 嘉幸

自画像を残し五月を征きしまま       石澤 青珠

鳥雲に秩父の寺は塔持たず         金山 征以子

茄子の花日暮れは家族を待つ心       鈴木 薫子

若葉から白球が来る受けとむる       谷中 淳子

うでぬきの黒きびきびと昭和の日      千葉 喬子

潜き鵜の池の広さを使ひけり        山口 冨美子

春蝉のなき声はうす緑なる         鎌野 光子

御用邸君在らねども松の芯         村上 有秋

万緑やいざ鎌倉と人集ふ          鈴木 靖史

 
      上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
    お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
    贈呈いたします。


選評一句(同人集作品より)

  メーデー歌職を退きたる一闘士      槇 秋生

5月1日は労働者の祭典が盛大に行われていた時期があった。

労働者の要求を掲げてデモ行進、日比谷公園や代々木公園が

赤旗で埋まったことがなつかしい。歌った「インターナショナル」も

懐かしい。
労働運動の闘士も、定年になり職場を去る。

「一闘士」に、思いを貫いた潔さが見える。メーデー歌をふと耳にした

とき、作者には、
この闘士が浮かび上がったのであろう。

時代の元気さの見える句である。

 
 選評一句(繪硝子集作品より)

    雀より小さき鶯コロラチュラ     窪井 衣江

普段余り耳にしない言葉であるが、ここちよく耳に響き

リズムよく楽しい一句になっている。

コロラチュラは音楽用語で「コロラトゥーラ・ソプラノ」のこと。

ソプラノ独唱などの装飾に富んだ
技巧的唱法を指している。

そういえば、「チュンチュン」より「ホーホケキョ・ケキョ」の方が、

技巧的と言える
かもしれない。雀より小さい鶯であるが、この鳥の

声帯はどうなっているのだろう、と作者も感心している。