今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

藍玉をなりはひとせる家に生る        向笠 和子
蛇の衣道三塚に吹かれをり          藤田 純男
灯を入れて秋草ゆれる盆提灯        平 嘉幸
ががんぼに塞がれをりし鍵の穴       古島 恒子
病む日日のまがまがしさや薔薇咲くも    細川 普士子
マロニエの花や東京府廳跡          河合 寿子
今生に忘れし父の夏帽子           波木井 洋子
親展もあるやも知れぬ落し文         見田 英子
篝火を鵜川に沈め鵜飼果つ         岩田 洋子
むっちりと青水無月の真鯉かな       吉島 弘子
早苗田を明るき雨の通りけり         石澤 青珠
乎那(をな)の峰辿る道みち花蜜柑     鈴木 薫子
眠る鵜も羽繕ふ鵜も鳥屋の昼        古賀 幹子
紫陽花の庭へ夜半まで灯をこぼし      嶋村 恵子
夏籠りや白緒の下駄を敷台に        石澤 敏秀
葉桜やこの川下に妹ら住む          近藤 れい
万緑の入口となる朱の鳥居          浅岡 えい子

 
     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
    お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
    贈呈いたします。


 
選評一句(同人集作品より)

     思ひ切り竹皮脱ぐや風の艶      野 ふよ子

 竹の子が生育して竹になっていく過程。今年竹と言われるように、
まだ皮を付けたまま青々と伸びていく竹は見ていて気持ちがいい。
 この句のよさは「風の艶」である。竹林を吹き抜ける風は、確かに
清々しくきらきらと輝いているようにも感じられる。
 それが「風の艶」である。「艶」は「つや」とも「えん」とも読め
どちらの意味もよく写しているが、私は「艶(つや)」と読みたい。

 選評一句(繪硝子集作品より)
     帰省して振子の音に眠りけり    田島 柳水

都会に暮らす学生や社会人が、夏休みに故郷の家に帰ることを
「帰省」として夏の季語になっている。今では、交通も便利になり
何時でも帰省できるが、「帰省」という言葉にある家族への懐かしさは,
やはり夏のものであろう。振子時計は滅多に見られなくなった。
久し振りに故郷の家に帰り、子どもの頃から知っている柱時計の音を
聞きながらいつしか眠りについた。 労して作った句ではないが、
読む者もやすらぎを覚える。 よい瞬間を捉えられた。