今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

 歳歳(としどし)にたしかに老いて星まつる      向笠 和子

 退屈を逆三角形に蟻地獄         下鉢 清子

 日傘たたむ香ほのかなる鳩居堂      北見 さとる

 暑しあつし桑名石取り祭かな       藤田 純男

 師の影を偲ぶ秩父の蛍の夜        柳田 聖子

 梅雨明けや顔出す河馬の等高線      長崎 友子

 うすものや午餐の窓に副都心       吉島 弘子

 湧き上る怒りカンナの朱のやうな     小野田 征彦

 形代や穢なき身と思へども        平 嘉幸

 刃物屋に千の切っ先日の盛        石澤 青珠

 御城下や刃文の雲の涼しさよ       金山 征以子

 堂守のやうな猫をり凌霄花        古賀 幹子

 雲は西へ四万六千日の風         金田 美穂

 牛蛙鳴き出し空のゆるびたり       吉田 七重

 胡麻の花知りて佳き日と思ひけり     倉橋 廣

 枇杷食べて原石のごと種残す       植村 紀子

 ティンカーベルゐさうな烏瓜の花     吉田 玲子


 

 
         上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
        一句について200字以内、編集部宛て、FAX(042-473-3632)にて
        お送りください。 掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
        贈呈いたします。

選評一句(同人集作品より)

    バルコンは夢見るところ夏の星     原 静枝

 バルコンはバルコニー。 露台と言うことで,夏の季語になっている。
屋根のない庭に張り出した部分を指し、ここにテーブルや椅子を出して
涼んだことから夏なのであろう。
 しかし洋風建築を思わせるバルコンは季節感の薄いもので、この句の
季語は「夏の星」である。 作今流星も見られ、夜空を見上げる人も多い
だろう。 「夢見るところ」が、私たち現代人に希望を抱かせる言葉で
ある。上を向いて、広大の宇宙から夢を授かりたいものである。


 
 選評一句(繪硝子集作品より)
   風音の水音に似て今年竹     清水 幸子

 この風音は、竹林を渡ってくる風音である。 さわさわざわざわと
鳴る音を聞いていると、いつしか清流の音に聞こえてくる。
 こんな経験を何度かした。 何も難しいことは言ってなく、作者の心
からの感動が素直に出ている。
 季語の「今年竹」がよかった。 
 これが水辺を感じさせる場所であったら、例えば「紅葉谷」のように
水を予想させるようではつまらない。
「水音」は読者がそれぞれに想像を膨らませてこそ俳句なのである。