今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

   
 栗鼠跳んで瘤のある木も九月の樹     下鉢 清子
 眼鏡よく拭きて新米いただけり        北見 さとる
 俳諧や才知香水もうあらず          古島 恒子
 砂町に雀も見えず秋暑し           柳田 聖子
 霧晴るる魁夷の庭のしらかんば       河合 寿子
 阿夫利嶺の神を仰ぎて秋耕す        波木井 洋子
 爆弾のごとき冬瓜もらひけり         渡部 桂子
 塔頭にけふは客あり女郎花         小野田 征彦
 身に入むや借命の杖遺されて        平 嘉幸
 椿の実拾ふ波郷の歩き道           石澤 青珠
 初尾花十泉謂れの釣瓶の井         古賀 幹子
 耐えきれぬものがころげて芋の露      丹野 義子
 蛇口からしづくふくらむ雨月かな       谷中 淳子
 小名木川爽やか風のゆきわたり       森島 弘美
 暁闇の富士一筋の登山の灯         渋谷 乃里子
 遠花火音のなだれて終りけり         吉田 玲子


 
   上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
  一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
  お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
  贈呈いたします。

  一句選評 (同人集より) 和田順子選

      よく咲いて朝顔の日日終りけり     原 静枝

  今年は異常気象の高温続きで、朝顔の咲き初めが遅かった。
 洋種の朝顔と違って日本の朝顔は立秋が過ぎてからであるが、立秋を過ぎ
 てもなかなか咲かない。
  江戸大輪の朝顔の触れ込みで皆さんに種を 差し上げたのでこちらも
 ひやひやであった。
  九月になってから何処の家でも大輪を開き、早起きをして数えては教えて
 下さった。 句会の度に朝顔が話題になった。
 「朝顔の日日」は、そんな楽しい一時も含んでいる。

 
   一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選 
      鎌倉の流鏑馬も過ぎ萩の風       槇 秋生

  鎌倉の流鏑馬は八幡宮の祭礼の行事として、毎年九月十六日に行われる。
 流鏑馬の歴史は古く、日本書紀にも見られる。
  馬で走りながら的に矢を当てる競技であったが、宮廷の行事となり、
 鎌倉幕府は兵法として奨励している。
  各地で行われるものであるが、鎌倉の地名が、一番流鏑馬に適っていると
 思う。 九月十六日の流鏑馬が終わると、秋らしい風が 吹いてくる。
 近くの萩の寺の白萩も盛りになる。 鎌倉の地貌を余す無く詠んである。