今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

   

店の灯の少し暗くて紅葉鍋        下鉢 清子

 夕顔の実のランタンやハロウィン     北見 さとる

 誰もゐぬ熊川宿は冬の雨         藤田 純男

 身に入むや縄文出土の丸木舟       柳田 聖子

 朝霧のそのまま雨となるひと日      河合 寿子

 竹の春縄文笛は風の音          長崎 友子

 直会や一弁の浮く菊の酒         小松 洋子

 行く秋や牛も乗りたる渡し船       岩田 洋子

 初時雨平城山越えて来たりけり      小野田 征彦

 東海道の松の菰巻き富士白く       鈴木 薫子

 沈黙が愛を育てて月耿耿         真塩 裕一

 雨音も混ざる鵜の瀬の初紅葉       古賀 幹子

 穏やかな立冬なりし米を磨ぐ       金田 美穂

 夕雁の列ほぐれけり峡の空        浅見 伴一

 太古より咲き継がれ来し思草       林 靜堂

 色で拾ひ形で拾ふ落葉かな        石澤 敏秀

 小春日やフランス積の赤煉瓦       吉田 玲子

彫刻の静けさに降る木の葉かな      杉山 さや

黄落のおしゃべり楠の聞き上手      村井 照子


   上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
  一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
  お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
  贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選
     夕雁の列ほぐれけり峡の空      浅見 伴一

 夕方渡ってゆく雁の列を眺めていると、少し乱れてきた。

そこは上昇気流の起こりやすい谷間の空である。

 淡々と、少し古風に詠まれてはいるが、作者のまなざしが感じられる。

 峡の空ゆえ起こった雁の乱れを きちんと捉えている。

 美しく言葉を並べた句は、類想になりやすい。 この句も、

そんなところもあるが、「峡の空」と言ったところがよかった。

しみじみ味わえるよい一句である。

 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

   小春日やフランス積の赤煉瓦      吉田 玲子

  開港の地横浜は、西洋文明をいち早く取り入れ、今でもビール発祥

 の地、シャボン発祥の地、
アイスクリーム発祥の地などがある。

  港の見える丘公園近くのフランス山には煉瓦を焼いた跡が今も残され

 ている。

  平和な時間を感じさせる「小春日」と、「フランス積」という

 歴史の証が、過ごしてきた時代への懐かしさも思わせる。

  名詞ばかりで纏められた句であるが、なかなか趣のあるお洒落な
 
 句である。