今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

   

冬菊の黄のまぶしさや独り棲む      向笠 和子

横利根の冬ざれいづく歩きても      下鉢 清子

今日よりは戒名となる寒さかな      北見 さとる

寂莫のむささびの穴夕の鐘        古島 恒子

高みより庭師の声や御講凪        柳田 聖子

エンディングノート書き終へ冬うらら   長崎 友子

冬ぬくしスカイツリーの伸び盛り     小松 洋子

長き夜のあしたはあした眠るべし     麻耶 紅

大仏に大統領の来し小春         小野田 征彦

餅焼いて母へ行き着く心かな       石澤 青珠

まだしばし生きるつもりの柚子湯かな   山口 佐喜子

争うは人間の業山眠る          真塩 裕一

大楠に風の鳴る日や冬至粥        吉村 ゑみこ

降る木の葉箱の臍の緒こそと鳴る     谷中 淳子

冬桜佇ちて余生の昏れごころ       中野 冨美子

雨の降る音が好きなり室の花       指田 昌江

エレベーター落葉の道へ扉を開く     原 靜枝

それぞれの寒さ持ち寄り無人駅      田島 柳水

店頭のポインセチアの集大成       植村 紀子

   上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
  一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
  お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
  贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選


    小春日の風の丸きを歩きけり    千葉 喬子


「風の丸き(まろき)」は、作者の感じた感覚的な捉え方である。

「まろし」には、丸いことの他に、角がない穏やかであるなどの意味も

 あるので、小春日の風の形容としては、
おもしろい表現と思った。

自分の感じたことを「言葉」に盛り込むのはなかなか難しい。

苦労して見つけよう。

暖かな小春日に、穏やかな風に吹かれて歩くのは、それだけで幸せで

 ある。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

 
    
それぞれの寒さ持ち寄り無人駅    田島 柳水


寒さを詠んでいながら、なにか暖かさを感じさせる。

それは「持ち寄り」と言う表現の味わいであろう。

この無人駅は、山間か高原の無人駅のような気がする。

「それぞれの寒さ」は、独りで歩いてきた寒さであり、気持の上の

 寒さでもあろう。

寒さを持ち寄ったことで、この小さな無人駅が暖かくなったような、

 心が寄り合ったような
気持にさせられる。

人間は寂しがり屋なんです、という思いも伝わる。