今月の推薦句 和田順子選(風韻集前半・同人集・繪硝子集より)

 
 花馬酔木多摩の横山ここに尽く       向笠
和子

 花人のぱらぱらと来て一群衆        下鉢 清子

 危ふきに棲みて筑波山の月おぼろ      北見 さとる

 花かがり隠岐に伝はる(れん)()()舞       藤田 純男

 わかみどり鉄棒にある握り艶        古島 恒子

 草萌や少年けふも素つ気なく        細川 普士子

 幾代経し名水春の音立てて         柳田 聖子

 咲いて散り咲いて散りたる日は春よ     向笠 千鶴子

 夕づつや辛夷の白の冴え冴えと       宮田 美知子

 さくら蘂降る公園にミュージシャン     河合 寿子

 散る花を吸ひこんでゐる象の鼻       波木井 洋子

 棲まぬ家多くなりたる蕗のたう       見田 英子

 国生みの鉾のしづくの春の島        千葉 喬子

 刃物屋の砥石干さるる彼岸かな       山口 冨美子

 ライオンの咆哮桜ふぶくなり        山本 恭子

 花の風伝法院を開け放ち          杉山 さや

 風光る鳩と鴎に空一つ           渋谷 乃里子

 春風を胸限界の吹矢かな          植村 紀子


   上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
  一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
  お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
  贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

   囃されてハンカチの花揺れにけり     石澤 敏秀

 ハンカチの木の花は、近年春の季語に加わった。中国原産のダビディア

落葉高木。二枚の白い苞がハンカチのように見え、花の盛りの頃は

若葉の中にハンカチがいっぱい下がって見事である。

 ハンカチツリーと呼ばれる。
珍しいので、咲いたら見に行きたくなる。

大勢が見に訪れていたのであろう。
「囃されて」に、その雰囲気が

伝わってくる。小石川植物園に大木があったが、
近ごろはあちこちに植え

られていると思う。 まさにハンカチの花である。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

   鳥雲に入る退屈な日曜日      田島 柳水

 「退屈な日曜日」が、なにか大人の雰囲気である。    

退屈な日曜日を楽しんでいるのかもしれない。 渡り鳥のように行動的で

はないが、何もしない日曜日もいいものである。

 今月も、東日本大震災を詠んだ句が多かった。  取り上げた20句の

うち、震災を詠んだと思われる
8句については、後ろに纏めてみた。

みなそれぞれに心を痛め、この惨事に真剣に向き合っていることが

分かる。
しかし、それゆえに何気ない日常吟に心が休まるのである。