今月の推薦句 和田順子選(風韻集後半・同人集・繪硝子集より)

 

 被災地に愛の星降るイースター        小松 洋子

 瀬戸際の齢を遊ぶ五月かな           麻耶 紅

 三山をのぞむ上毛田植どき           吉藤 とり子

 歌も句も嘆きの色に春の地震          渡辺 咲子

 測量士の一人は女夏の草            渡部 桂子  

 鈴懸の若葉三菱一号館              小野田 征彦

 薔薇深紅マリアカラスの名札立て        山口 佐喜子

 ひたすらといふ淋しさや糸桜           金山 征以子

 夏安居や典座の音の常のごと          吉村 ゑみこ

 潮騒のやうな風吹く五月来ぬ           谷中 淳子

 じゃんけんに勝ちて筍もらひけり         小林 邦子 

 ゆく春の差し潮容れて千住橋          倉橋 廣

 波の秀のたてがみなせり青嵐          近藤 れい

 蕗の葉や青き追憶広げをり            嶋村 恵子

 山笑ふ活断層の上に生き             窪川 要子

 校門に検診車来る麦の秋             田島 柳水

 葭切や花袋旧居の縁にゐて           石澤 敏秀

 アマリリス大きく咲いて知らんふり        久須美 しげ子


   上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
  一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
  お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
  贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

    
    じゃんけんに勝ちて筍もらひけり    小林 邦子

  思わずよかったねと言いたくなる。そして、池田澄子氏の余りにも有名な句<じゃんけんで負けて蛍に生まれたの>を思い出す。物事の最も平和な解決方が「じゃんけんぽん」であろう。そして、勝っても負けても文句無しの約束が付いてくる。 邦子さんの句は明るい。
それは勝ったことによって、すっぱりと解決しているからである。
「負けて蛍に生まれた」世界は何気なく言って美しく深遠。

「じゃんけん」に勝った世界と、負けた世界。豊かな日本語である。



 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

    
    山笑ふ活断層の上に生き       窪川 要子

  今回の大地震の後、よく見聞きするようになった「活断層」。
  地層が過去に大きなずれを起こし、これからも活動をして
地震を
 起こす であろう断層である。根尾谷断層、丹那断層、中央構造線
 
などはよく知っていたはずである。
  未曽有の地震は、想定外などと言ってはいけないと山が笑っている
 ようにも感じられて、なかなか厳しい一句である。
 「山笑ふ」は勿論、芽吹き始めた山の明るい形容である。
 もう一つ「活断層の上に住み」ではなく「活断層の上に生き」に
 よって、覚悟も問われている。