今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

隠し田の田植のいつか済みてをり     向笠 和子

水音の消ゆる高さや恋蛍         下鉢 清子

浜木綿咲く島にひとりの戸籍置き     北見 さとる

貝おほひの上野天神夏祓         藤田 純男

菟絲子師の手紙しみじみ風入す      古島 恒子

    悼 友子様

薔薇散つて菟絲子の弟子のひとり減る   細川 普士子

大正の館灯れり薔薇の風         柳田 聖子

武蔵総社けやき大樹の五月闇       宮田 美知子

やはらかき若葉いではの言の葉も     河合 寿子

煉瓦赤き生糸検査所リラの花       波木井 洋子

百合の樹の花天上に乾杯す        梅田 利子

鳴き止むと思はせて又牛蛙        石澤 敏秀

立葵列車傾きながら過ぐ         山口 冨美子

サングラス心かくしてゐるつもり     指田 昌江

梅雨入りや石の変へたる水の音      田島 柳水

夏帽子抱きて受胎告知観る        志村 紗智

薫風や石置屋根の石の数         橋本 うらら


   上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
  一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
  お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
  贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

 鳴き止むと思はせて又牛蛙       石澤 敏秀

牛の鳴き声に似ているので牛蛙と呼ばれ、その鳴き声は

波のように押し寄せては引いていく。その様子を平明に、

きっちりと詠み止めている。何の技巧も凝らしてないところも、

 またよかった。

 蛙は昔、その鳴き声をのみ賞されて和歌などに詠み継がれてきたが、

それは河鹿蛙の声の美しさであり、姿を詠まれるのは、芭蕉以後に

 なる。

 そして食用蛙として輸入されて一気に増えた牛蛙。その逞しい

 鳴き声を
近年詠まれるようになった。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

梅雨入りや石の変へたる水の音      田島 柳水

 梅雨に入って雨量も増えた渓流だろうか。石にぶつかる度に流れの

 音が
変化して聞こえる。こんな風景をよく見掛け、よく感じること

 だが、
なかなか直截には言えない。

 この句のよいところは、「石の変へたる」である。「石に流れの

 音変はる」
とも言えるがなんとなく平凡になってしまう。

 説明しているからである。

 「石の変へたる水の音」は、作者が発見して感じた事である。

ゆえに新鮮に聞こえる。