今月の推薦句 和田順子選(風韻集後半・同人集・繪硝子集より)

 

 余り水吐き出すホース防災日     佐藤 里秋

 終戦日文箱にある軍事便       渡部 桂子

 新涼や飛騨の民家の黒光り      岩田 洋子

 病室へ秋の季語集忘れきし      吉島 弘子

 人降りぬ駅やコスモスばかり揺れ   小野田 征彦

 甲冑のもぬけの闇の鉦叩       石澤 青珠

 天高し村に守りの藁の蛇       金山 征以子

 重陽の翠巒を駈く雲の影       鈴木 薫子

 手を浄めてよりの黙禱原爆忌     中島 和子

 淋しきは秋の鵜舟を叩く音      古賀 幹子

 台風圏曇り赦さず眼鏡拭く      谷中 淳子

 秋の蝶うす日のやうに現れにけり   近藤 れい

 秋扇さはさは講義始まりぬ      安原 則子

 宍道湖に八珍のあり八雲の忌     向笠 千恵子

鈴の音や雨の匂ひの生姜市      清水 ひとみ

オリーブの丘を烟らす秋収め     千葉 喬子

   上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
  一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
  お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
  贈呈いたします。


 一句選評 (同人集より) 和田順子選

   
   秋の蝶うす日のやうに現れにけり    近藤
れい

 「うす日のやうに」と捉えたところに、秋の蝶らしさが出ている。

  弱々しく、地面に近く飛んで、はかなさをイメージさせるのが

 「秋の蝶」
である。

  自分で掴んだ感覚を言葉にするのはなかなか難しいものだが、

 これは誰もが
そう思う、うまい表現である。

 この言葉を見つけ出すことが、すなわち俳句のたのしみなのである。

 晩秋の頃の弱い日差し、残る日を惜しんで飛ぶ蝶の様子が見えてくる。

 
 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

   
    鈴の音や雨の匂ひの生姜市      清水
ひとみ

生姜市は、芝大神宮の祭礼に、境内に立つ生姜の市である。

9月11日から21日まで長く続くので「だらだら祭」とも言われる。

生姜と共に、千木筥も売られ、この曲げもので作られた筥の中には、

飴や大豆や鈴などが入れられており軽やかな音を立てる。

生姜市には必ず雨が降るといわれる。千木筥の鈴の音と雨の匂いの

生姜市。 近年忘れられがちの祭礼を、いきいき蘇らせてくれる。

震災の年も暮れようとしているが、今を大切に詠んでいこうとする

気持が感じられる句が多くなって嬉しいことである。