今月の推薦句 和田順子選(風韻集後半・同人集・繪硝子集より)


  ちらし書きやがて整ひ鳥渡る       麻耶

 入日後の空の青さよ冬はじめ       佐藤 里秋

  わらわらと人現れ鎌倉駅小春       小野田 征彦

 そのもとに漱石の像破芭蕉        平 嘉幸

  葬送の生者の息の白さかな        石澤 青珠

  冬天の古代相輪仰ぎたり         関口 玉枝

  踏切は抱き上げられて七五三       谷中 淳子

 冬に入る賢所のお茶畑          森島 弘美

  兄の背の活字を拾ふ冬夜かな       吉田 七重

 冬立つや鋲にて鎧ふ大手門        千葉 喬子

   早 大

 銀杏散る奥に逍遥博物館         倉橋

 北時雨香炉手に受く矢数香        野 ふよ子

 冬蜂に墓石のごときビルの群れ      田中 虹二

 甲骨文字まじまじ眺む文化の日      浅岡 えい子

 枇杷咲くや翔あるものにまだ力      松島 芳子

 何事もなき日は寒さ言い合へり      長田 竹風


   上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
  一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
  お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
  贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

     冬立つや鋲にて鎧ふ大手門      千葉 喬子

   大手門は城の正面、追手門とも言い、大勢押し寄せる敵を

   迎え撃つ大事な門なので、一段と強固な構えである。

   普段都心にいながら訪れる機会の少ない皇居・東御苑を

   吟行した折の句である。  大手門から入ると、門扉の乳鋲の

   大きさにまず驚く。
   一つ一つ手作りの跡が見える。 

  江戸城を今に偲びながらのよい吟行会であった。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

     冬蜂に墓石のごときビルの群れ     田中 虹二

   冬蜂と言えば村上鬼城の<冬蜂の死にどころなく歩きけり>を

     思い出すが、この一句には志賀 直哉の小説「城の崎にて」の
   
   中の、
屋根の上の死にさらされてゆく蜂の姿と重なって見える。

   それは「墓石のごときビルの群れ」の措辞によるものだろう。

   これは、東御苑での吟行会の句であるが、自然に恵まれた環境に

   あって、こういう句も詠めることに感心した。

   皇居に蜂がいるのは、鴉の天敵として蜂が放されていると聞いた。

   そう言えば御苑に鴉が少なかった。