今月の推薦句

    和田順子選
(清韻集・風韻集前半・同人集・繪硝子集より)

 

 黄梅や眼下の早瀬きらきらす     向笠 和子

 葉牡丹の夕日ふつくら落ちにけり   下鉢 清子

 落葉踏みみんな遠くへ行きたがる   北見 さとる

 柿剥いて波郷・莬絲子をしのびけり  藤田 純男

 つなぐ手を放して私落椿       古島 恒子

 茶の花や雨の匂ひは山より来     細川 普士子

 日短かしそそくさ流る神田川     向笠 千鶴子

 色変へぬ松の鶴亀小金宿       河合 寿子

 きらめきの湖の中みち神渡      久保田 庸子

 冬の雨大きな門の大使館       井村 千代子

 枯尾花風が素通りしてゆきぬ     麻耶

 夜に入るも雨のままなる冬至かな   佐藤 里秋

 寒林に無患子の音拾ひけり      倉橋

 赤き爪みかんにたてて無表情     田島 柳水

 首出して大根抜かれたがつてをり   安原 憲子

 子規旧居縁に置かれて片鶉      窪川 要子

 楓の木の冬空にすず懸けにけり    上杉 和恵

 あひまひな日差しの中の冬櫻     久須美 しげ子


   上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
  一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)にて
  お送りください。掲載させていただいた場合、俳誌「繪硝子」を
  贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

   寒林に無患子の音拾ひけり      倉橋  

 冬枯の林を歩いていて、足下に無患子の実を見つけて拾ったのである。

「無患子の音拾ひけり」に作者の工夫が見える。まだ枯れ枝に残っていた

無患子が落ちた音だろうか。羽子突きの玉になって突かれている無患子だ

ろうか。作者の拾ったのは、そこから触発された羽子板の音ではなかった

ろうか。無患子(ムクロジ)の実は秋の季語ではあるが、この場合季節感

は寒林である。寒林の静けさがあってこそ生まれる句である。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

  子規旧居縁に置かれて片鶉      窪川 要子 

 根岸の子規庵には、鶉籠が置かれてあるらしい。その鶉籠を

詠んだ句を見掛けるが「片鶉」と見届けてある所をいただいた。

鶉は声がいいので観賞用に籠にいれて飼われたが、雌雄片方に

なったようだ。

 鶉と言えば『伊勢物語』の業平と深草の女のやりとり、

「野とならば鶉と鳴きて年はへむかりにだにやは君が来ざらむ」と

返したように、草深い野に淋しく鳴く鳥のイメージであった。

 子規が飼っていたとすれば何か気持が伝わってくる。