今月の推薦句 和田順子選(風韻集前半・同人集・繪硝子集より)


 秋さぶや二夜ふたつ夜姑の夢      向笠 和子

 夕映えのまだ残りゐる白芙蓉      下鉢 清子

 とほき日に戦ありけり蝗飛ぶ      北見 さとる

 厄日なる伊吹山の空の赤蜻蛉      藤田 純男

 踏切棒上れば通る草穂絮        古島 恒子

 海底の鎖の眠る良夜かな        波木井 洋子

 帰りには刈田となってをりにけり    佐藤 里秋

 草結ぶとは旅寝のことよ虫の声     渡辺 咲子

 閻魔蟋蟀そんなに大きく鳴かずとも   小野田 征彦

 秋暑なほ八条油小路かな        石澤 青珠

 虫絶えて闇からつぽとなりにけり    丹野 義子

 秋澄むやピッコロぱぴぷぺぽと鳴る   千葉 喬子

 秋冷の海の駅には海の風        近藤 れい

 滝壺は水の力を抜くところ       竹内 令子

 波の上を歩けさうなる月夜かな     小林 千秋

 散居村ひとつひとつに月の影      金子 富美子

 向日葵や昭和の古きマイクロホン    窪川 要子

 子規の忌の月に雲居のなくもがな    石澤 敏秀


   
     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

己が影連れて彷徨ふ秋の蝶     浅見 伴一

 秋になって飛んでいる小型の蝶を「秋の蝶」という場合もあるが、

 俳句では夏の間元気に飛んでいた蝶の弱弱しく飛んでいる様を

詠んでいることが多い。

この句も、影を連れて彷徨う様子が、いかにも秋の蝶らしい。

浅見伴一さんとは、新年会や同人会でお会いするのみであったが、

このたび突然の訃報に接し驚いている。すらりとした紳士でいらした。

毎月一番の投句者であった。 寂しいことである。



 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    


    滝壺は水の力を抜くところ     竹内 令子

 川が蛇行したり岩を乗り越えたりするときに、水の力を感じる時が

 ある。
 この句は、水の力を一番感じる滝壺の水を、力を抜いた水と

 詠んでいる。

 水が落下するのは、物理的には位置エネルギーが働いているが、

視覚的には川の水が一気に力を抜いたと見える。

 納得できるのは、詩的な感性で捉えているからである。

 今年は、残暑が厳しくこの稿を書いている九月下旬も、夏や秋暑の

 句が
多く見かけられる。