今月の推薦句 和田順子選(風韻集前半・同人集・繪硝子集より)



 羽子板をかかげて一日昏れゆけり     向笠 和子

初詣渡しの銭を払ひけり         下鉢 清子

キリマンジャロへ登頂の顔賀状とし    北見 さとる

鳥総松野麦工女のゆかり宿        藤田 純男

冬休み蛍雪門に鳩遊ぶ          古島 恒子

蛇籠干し風音荒き鮭番屋         柳田 聖子

初句会五家宝といふ銘菓出て       河合 寿子

冬の蝶日差し重しと立ちにけり      伊村 千代子

お降りもみちのくぶりといふべかり    麻耶

初雪や大き靴跡ポストまで        吉藤 とり子

枕辺に置く寒の水寿(いのちなが)          嘉幸

黒黒と田面(たも)濡れて春立ちにけり      石澤 青珠

枯蓮水面に空の戻りけり         金山 征以子

トランプのシャッフル暖炉赤く燃え    吉村 えみこ

初雪のいやしけ吉事(よごと)成人す        谷中 淳子

人日や水音絡む雑木山          吉田 七重

けふはまだ誰も通らぬ草氷柱       近藤 れい

畦道を来る人のあり深雪晴        野 ふよ子

杖を曳く池上台の雪の不二        中臺 誠一

日本海荒れて寒鱈旬に入る        斎藤 依子

遠つ世の歌の聖に御慶かな        山田 洋子

熱燗や波郷好みの隅の席         横山 良江


   
     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

けふはまだ誰も通らぬ草氷柱    近藤 れい

「草氷柱」は、枯草などに付いた水分が氷柱のように付いたもの。

急に冷え込んできらきらと草氷柱の出来た道をまだ誰も通らない。

しんと冷えた空気が伝わる。

「霜柱」も季語だが、「シモバシラ」というシソ科の草の茎に

水分が上がって凍った「霜柱」もあるのでややこしい。

どちらも「氷柱」や「霜柱」の範疇と考えてよいだろう。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

日本海荒れて寒鱈旬に入る     斎藤 依子

今年も日本海側は荒れて大雪の予報であるが、いいこともある。

寒さでおいしくなる魚がある。

鱈はもともと冬の魚であるが、寒のころ脂がのっておいしくなる。

この鱈をぶつ切りにして昆布や野菜と煮込んだ「どんがら汁」が

庄内地方の冬のご馳走である。

土地の香りのする句に出会うと嬉しい。

鱈のおいしくなる頃を楽しみにしている人たちがいる。