今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


余生とは雨後のしづけさ月見草      下鉢 清子

桜桃忌雨の鵜飼となりにけり       藤田 純男

紫外線強し石榴の花赤し         古島 恒子

さびしらのあけびの花や自刃の地     柳田 聖子

  西馬音内盆踊り

啾啾と草履を擦りて踊りけり       見田 英子

咲きのぼること一筋や会津藤       麻耶

山裂けしことも昔や若楓         小野田 征彦   

新緑の沼を隠さんばかりかな       髙平 嘉幸

初蟬や城無きあとを松老いて       石澤 青珠

降らずみの沼面明るく葦雀        関口 玉枝

六月の空気の重き立ち居かな       中島 和子

新緑やのぼつておりて栄螺堂       吉村 ゑみこ

さみしさをまた母のいふ遠かはづ     谷中 淳子

龍舌蘭けさ百年の花柱          中野 冨美子

枇杷を買ふ日照雨のあとの眩しさに    吉田 七重

会津藩籍田跡や菖蒲咲く         久保 タツヱ

椎の花烟りて風の濃き夕べ        安原 憲子

青嵐踏ん張つてゐる栄螺堂        山本 恭子

モネの絵になりきつてゐる日傘かな    小林 邦子

陰刻の文字の涼しき芭蕉句碑       今井

噴水の終はる時水しどけなし       千葉 喬子

山頭火放哉嫌ひ梅雨の宿         亀井 孝始

   
     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

会津藩籍田跡や菖蒲咲く    久保 タツヱ

すべて会津・裏磐梯吟行会の句で纏められている。

作者と一緒に五色沼の散策路を歩いたが、植物の名に詳しく

次々と教えて下さり、吟行の楽しさを味わった。

 籍田跡は「御薬園」に残されている。藩侯が祭祀用の穀物を

自ら耕作した場所であった。今では薬草園として、庭園として

面影を残している。五月の良い季節、菖蒲も牡丹も気持ち良く

咲いてまさに吟行日和であった。

 

 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

陰刻の文字の涼しき芭蕉句碑   今井

石碑の文字を窪ませて彫ってある陰刻。印や絵を彫る場合、

陰刻、陽刻の方法があるが、石面に彫ってあるだけの芭蕉の句の

文字は涼やかに映ったのであろう。

 作者は、「奥の細道」近くに住むので数多くの芭蕉句碑を

尋ねることが出来羨ましい。<涼しさやほの三日月の羽黒山>と

彫られていたであろうか。

 毎月の選句はとても楽しい。感性のきらり光る句、完成度の

高い句、旨い句、しみじみ良い句、基準はいろいろであるが、

読んで欲しい句を取り上げている。