今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

 飛ぶ鳥は地の鴉のみ春の雪      向笠 和子

 門波立つ瀬戸に向きたる白障子    下鉢 清子

 七種爪切りしばらくを合掌す     北見 さとる

 叫ぶより黙す力や冬北斗       古島 恒子

 寒月光くま無く庭を晒したる     柳田 聖子

 あら玉の天空碧し鳩舞へり      宮田 美知子

 豪雪のおほつごもりとなりにけり   見田 英子

 人在りて会話なき夜や冬さぶし    麻耶

 定式幕の内より声や初芝居      梅田 利子

 少年の自分嫌ひや冬林檎       石澤 青珠

 山国の軒びっしりと積む(せち)()     鈴木 薫子

白梅や参道真中は神の道       金田 美穂

石長き冬至の影を曳くを蹴る     谷中 淳子

初釜や勅題菓子に千代結び      中野 冨美子

風花や海より昏れていく町に     下島 正路

冬麗や「三笠」に金の菊の紋     安原 憲子

千両の実の赤赤と夫が病む      久須美 しげ子

笹鳴や砂場に残る砂の山       横内 節子

実柘榴をひとつ嵌めたる空の青    高柳 幸子

あけぼのや雪が昭和の街にする    吉本 安良


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

風花や海より昏れていく町に     下島 正路

雪の降り始めを風花という。響きも字体もなんと美しい日本語

であろう。海より昏れていく町の初雪を情緒豊かに詠まれている。

鄙びた漁村風景を思い描く。

 「昏れる」は「暮れる」と書くべきなのだが、微妙な感情をこめて、

俳句ではよく使われている。「暮れる」は何となく事象をさすが、

「昏れる」は心情も含んで表現できる感じが、俳人に好まれるので

 あろう。



 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

 

 笹鳴や砂場に残る砂の山     横内 節子

   新年会の当日句の特選になった。吟行会や新年会に出した句を

  当月集に
出句してもよい決まりになっている。

   笹鳴きは冬鶯とも言われ、暮の頃から低い藪などでちっちっと

  鳴いている。

 「砂場に残る砂の山」は唐突に思われるかもしれないが、

情景をよく捉えている。公園か日のあたる海岸の防砂林か、

いずれにしても静けさの戻った砂の山に笹鳴きが届いている。