今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


独り居の居室の河津桜かな       向笠 和子

春の雪何はともあれ歩かねば      下鉢 清子

包丁式春の障子のほのあかり      北見 さとる

まんさくや婆が集まる耳地蔵      藤田 純男

春浅し掻い掘歩む鷺一羽        柳田 聖子

梅古木背骨も老いてしまひけり     向笠 千鶴子

梅林のありてうれしくたもとほる    宮田 美知子

水の湧くところ陽炎立つところ     波木井 洋子

二月なほ雪に雪積む羽後盆地      摩耶 

日曜の俄農夫や春田打つ        岩田 洋子

梅の軸掛けて菟絲子の忌なりけり    小野田 征彦

せきれいのきりきり飛んで雪解風    髙平 嘉幸

蕗の薹土の香りを抱きをり       古賀 幹子

好き嫌ひ無き子に育ち煮大根      吉村 ゑみこ

さへづりのことばがけふはわかりさう  谷中 淳子

梟はまだ森の中春の雪         田島 昭代

春雪を搔く近隣の恙無し        森島 弘美

トーストの朝の弾力春立てり      吉本 紀代

絵踏みしてあつけらかんと来し我か   永見 るり草

大雪やすべて中止のしづかな日     志村 紗稚

春の街わつとはみだす靴かばん     千葉 喬子

春浅し色の褪めゆくレモンティー    槇  秋生

庄内の地吹雪容赦なかりけり      斎藤 依子

しんしんと雪降る夜半の信号機     田中 虹二



     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。

 一句選評 (同人集より) 和田順子選

大雪やすべて中止のしづかな日    志村 紗稚

  関東地方に久しぶりの大雪。網の目の交通網、電車のダイヤも

直ぐに影響を受け、雪国の人に笑われる混乱になった。

 すべて中止のしづかな日を作者も楽しんだ。何か先へ先へ

追いやられるような日常を過ごしていると、こんな一日は心が

安らぐ。まさに安息日となった。

 平明な表現でありながら詠んでいる内容は、大雪の日の

実感を確実に伝えている。 

 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

庄内の地吹雪容赦なかりけり     斎藤 依子

庄内は秋田県、山形県にまたがる日本海側の平地。

最上川を中心に河川の堆積による肥沃な土地には庄内米が

育ち、砂丘にはメロンが育つが、日本海から吹き付ける吹雪も

また名物である。今年は、関東地方も大雪で、北陸の苦労を

少しは体験できた。「容赦なかりけり」としか表現されていないが、

降り積もった雪が舞いあがって吹き付け、顔も上げられないような、

息もつけないような状態であろう。まさに自然の猛威。