今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


春しぐれ肌にやさしさ戻りけり     向笠 和子

是是非非と分らずじまひ春行かす    北見 さとる

涅槃西風鯨の墓のありにけり      藤田 純男

万緑や木目浮き立つ四脚門       柳田 聖子

枝垂れたる花をうつせりしじれ波    宮田 美知子

雀降り花降り白秋旧居かな       河合 寿子

腰かけてみたきふらここ掛けにけり   杉山 京子

母よりも老いて母恋ふ春の夜      摩耶

行く春や()言書一部書き替へて     平 嘉幸

天神の鈴緒にあそぶ花の風       石澤 青珠

柿若葉今日といふ日の鮮らしく     金山 征以子

天気予報はづれて歩く花の雨      古賀 幹子

越えてゆく杖突峠朝桜         吉村 ゑみこ

やはらかき楷の花房拾ひけり      森島 弘美

うららかや枝垂るるものは地に触れて  原 靜枝

暮遅し門前駄菓子の堅きこと      向笠 千縁子

ふらここにふるさとの空ありにけり   倉橋

雪舟寺のことに大きく牡丹の芽     久保 タツヱ

終電に間に合ふ肩の桜かな       金子 ふみ子

声のよく通る木の家風光る       亀井 孝始

花楓降り積むままに亀の昼       長谷川 あや子

ボレロまだ続いてをりぬ春の海     小林 千秋

言ひ足らぬ言葉のやうに花散りぬ    久保田 房子

さんしゆゆの黄はこまやかに語るごと  友野 さち子


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

ふらここにふるさとの空ありにけり   倉橋  廣

ブランコに乗りながら見上げる空は自分だけの空間。

一人漕いでいると故郷の空になり、未来を描く広やかな空になる。

こんなすばらしいぶらんこの漕ぎ方もあるのである。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

花楓降り積むままに亀の昼       長谷川あや子

楓の花は種類により小さな暗紅色か薄緑をしていて、そっと咲き

すぐに散ってしまう。俳句を始めた頃教えてもらってからは、葉が

大きくなる前のこの小さな花を見てあげることにしている。

余程大きな楓の樹なのだろう。辺りに降り積もって昼の静けさが

広がる。亀もゆったりと己の時間を楽しんでいる。

そして作者もまた春昼の長閑さを亀と共存している。