今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


雲近くなるまで登り桷の花      下鉢 清子

夏負けて小さくなりし膝小僧     北見 さとる

青時雨戸隠中社奥社かな       藤田 純男

曇る日の湖の色もて(やま)(がらめ)       久保田 庸子

夏めくや沼の中程きらめきて     杉山 京子

夕茜花の漣また漣          摩耶

月涼し続日本史を読みもして     吉藤 とり子

崩れたる景清の牢青嵐        小野田 征彦

青しぐれ一茶土蔵の闇匂ふ      石澤 青珠

黒南風や押し寄せて来る改憲論    金山 征以子

イタリアの白き客船夏来る      古賀 幹子

日溜りに揺るる稚児百合一茶墓所   吉村 ゑみこ

五月寒昨夜の雨の続きをり      浅井 妙子

行く春や田をかげらせる雲ひとつ   金田 美穂

関守る石も仏や薄暑光        中野 冨美子

釣人の道具こまごま薄暑光      森島 弘美

若竹の光の中に水湧けり       吉田 七重

水入れて整ふ神の代田かな      原 靜枝

水戸様の双葉葵のよく繁り      金子 ふみ子

切支丹地蔵鼻高島薄暑        小林 邦子

日の丸を立てて五月のオムライス   田島 柳水

十一や戸隠の蕎麦ぼつちもり     野 ふよ子

浮き釘を叩き憲法記念の日      小林 千秋

新樹光粒子となりて降り注ぐ     吉田 玲子

遠泳の海を脱ぐごと上がり来る    渋谷 乃里子

紫木蓮深く想ふといふ色に      安原 則子

空海像灯ひとつに開帳す       石澤 敏秀


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

   水戸様の双葉葵のよく繁り    金子 ふみ子

  先日小石川後楽園の勉強会の折、入り口近くの双葉葵を

 皆で観察した。小さな花は繁みに隠れて探すほどの紅紫の小花

 であった。葵祭の斎王代や牛車の周りに飾られるのを見るが、

 こんなに身近にあるとは思わなかった。

  水戸様の葵巴もこの葉の模様である。双葉葵が夏の季語。

 茂り(繁り)も厳密には夏になるのだが、季語として使う場合は

「茂り」と使うことを範例とする。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

  浮き釘を叩き憲法記念の日    小林 千秋 

憲法記念日は53日、子供の日と共に日にちが動かないのが

嬉しい。毎年記念日近くになると憲法の解釈について、真摯に

議論が交わされるが、今年は集団的自衛権の解釈もあり紙面に大きく

取り上げられていた。

 専門家に任すのではなく、私たちもしっかり考えていこうという

思いが「浮き釘を叩き」によく汲み取れる。

  この日だけの問題ではない。