今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

糠雨や楓は青き実を連ね       下鉢 清子

火の国の灰汁の匂ひの粽かな     北見 さとる

黄あやめのひともとに人想ふ日よ   河合 寿子

航跡といふ涼しさを曳きゆけり    波木井 洋子

実朝の海は鈍色ながし南風      久保田 庸子

馬飼はぬ梁を借り親燕        小松 洋子

花胡桃縷縷と言の葉つづるごと    麻耶

    妙高ホテル

夏霧が描く等伯松林図        小野田 行彦

神さびの戸隠かくす夏霞       平 嘉幸

動けずに居り翡翠と至近距離     石澤 青珠

薔薇の香や子の家にゐて午後長し   金山 征以子

山苣の花ことごとく散り雨季に入る  鈴木 薫子

青葉風我が家やつぱり心地よく    古賀 幹子

聞くとなき野球中継夕薄暑      吉村 ゑみこ

寝苦しき夜をまた匂ふ椎の花     谷中 淳子

山の温泉に涼風たたむ旅ごろも    中野 冨美子

木天蓼の花山上に不動堂       田島 昭代

耳もとの風やはらかし花菖蒲     森島 弘美

朴の花ひと日の雲を見尽くして    吉本 紀代

下馬標長き参道さみだるる      志村 紗稚

二輪草戸隠三千坊の跡        下島 正路

薄暑光溢るる飯田橋五叉路      槇 秋生

蟻の列太閤土居を攻め上る      石澤 敏秀

禅堂の畳に日差し梅雨晴間      鈴木 勢津子

青しぐれ記紀の大社の水時計     総野 圭子

更衣大僧正の金時計         小林 千秋



     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

下馬標長き参道さみだるる    志村 紗稚

戸隠吟行会では、ちょうど中社に参拝した所で五月雨にしては

激しい降りに見舞われてしまった。下馬標はどのあたりに在ったか

記憶にないが、奥社への参道は高い杉並木が雨に煙っていた。

奥社へは是非行きたいところであった。木の根もあらわな杉並木が

だんだん狭まって神の社に近づく。祭神は天手力雄命。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

禅堂の畳に日差し梅雨晴間    鈴木 勢津子

何気なく見過ごしてしまうようなことをしっかり俳句の眼で

見ている。朝からうっとうしい梅雨に晴間が覗いた。

薄暗かった禅堂の畳に日が差し込んでいる。

この句、「梅雨晴間」が上五に置かれていたなら、梅雨晴間の

説明になってしまう。<梅雨晴間寺の畳みに日が差して>では

平凡になる。畳の上の日差しの発見が眼目。