今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


 弱りたる脚かなしめば梅雨明くる     向笠 和子

 ひとり居の涼を生むものみな使ひ     下鉢 清子

 立葵まつすぐに身の置きどころ      北見 さとる

 鵜飼果て田舎の闇に戻りたる       藤田 純男

 キャンパスの学部をつなぐ青葉風     向笠 千鶴子

 清らなる梅雨の流れも古都なれば     河合 寿子

 天空の星の伽藍や木葉木菟        小松 洋子

 夏雲や山の名野口五郎岳         小野田 征彦

 香炊いて四万六千日の空         平 嘉幸

 蛇渡り切つたる沼の青さかな       石澤 青珠

 川音のここにくぐもる八重葎       金山 征以子

 凌霄の百の落花や遠き地震        鈴木 薫子

 夏落葉今年前半無為に過ぎ        浅井 妙子

 音立てて大暑の犬の水を飲む       谷中 淳子

 草の香野風も入れたる盆用意       田島 昭代

 紫陽花の静かな重さ武家屋敷       吉田 七重

 蛍火のひとつひとつに闇生まれ      吉本 紀代

 杣みちはどこか濡れゐて岩たばこ     原 靜枝

 日本海の風吹きわたる三国祭       向笠 千縁子

 雨あとの雫の茅の輪潜りけり       石澤 敏秀

 泉湧く森の生まるる音のして       下島 正路

 日にかざし空の色飲むラムネかな     山口 冨美子

 蓮の葉の鍔ぜり合ひの勢かな       酒向 節子

 夏の日や一銭五厘の父想ふ        弟子丸 すみえ

 雲の峰突き抜く六三四(むさし)電波塔       佐野 正子


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

     雨あとの雫の茅の輪潜りけり     石澤 敏秀

 清清しい気分にさせられる。何の技巧も作為も持たずに句を

 作ることはなかなか難しい。つい主観が入ってしまうものである。

  この句は、そのままを言っていながら共感を抱けるのは、良い場面、

 良い瞬間に遭遇したからである。

出会いと瞬間を求めて歩いてみよう。

 「俳句は歩いて作る」の良い見本。

 


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

     蓮の葉の鍔ぜり合ひの勢かな     酒向 節子

  蓮の花もきれいだが、蓮の葉の犇めきあう勢いも見事である。

 作者もこの葉の茂りの逞しさに感動したのであろう。

 「鍔ぜり合ひ」は思わず浮かんだ言葉のように、自然に詠めている。

 鍔は刀剣の柄と刀身の間にあって防御の役目をしている。

 ここで受け止め競り合うのである。

  蓮の葉が我こそ十分に広げて太陽の光を浴びたいと競り合っている

様子が良く表現出来ている。