今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


  その蔓のあまりに細し風船かずら   向笠 和子

  風鶴院自筆の墓を洗ひけり      下鉢 清子

  艶失せて秋のすだれとなりゆけり   北見 さとる

  野菊咲く花折峠越えにけり      藤田 純男

  投句箱木に括られて小鳥来る     柳田 聖子

  朝霧の草ふみゆけば鹿の声      小松 洋子

  秋の陽の雑魚きらめかしきらめかし  杉山 京子

  秋気澄む野州に陶の大狸       吉藤 とり子

  もてなしの萩茶の紅き萩の寺     岩田 洋子

  照り返す日差しも何処か秋始め    瀧口 行子

  押し花が本から零れ落ち晩夏     谷中 淳子

  よく眠る仔牛に月の差しにけり    吉田 七重

  このあたりまでは人里曼珠沙華    原 靜枝

  新涼や床にゆれゐる草の影      永見 るり草

  朝方の深き眠りも秋めきて      槇 秋生

  見なれたるすすき尾花となりにけり  久保 タツヱ

  こひわたる句のひとつなく獺祭忌   倉橋

  千本の真つ赤な歓喜彼岸花      田島 柳水

  秋澄むや玉虫色の鳩の首       長谷川 あや子

  大花野こんなに遠く来てゐたり    大橋 スミ

  野をわたるけものの匂ひ野分星    小林 千秋

  被曝者の願ひ届かぬ原爆忌      安藤 起美子

  熊蟬の声に囲まれシャワー浴ぶ    宮 紀子      


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

   朝方の深き眠りも秋めきて    槇 秋生

  夏の暑さが終って秋らしく感じるのは嬉しいことだ。

「秋めく」は目に入る風景、朝夕に感じる涼しさを言うが、

「朝型の深き眠りも」と言うあまり類想のない取り合せに惹かれる。

しかし、明け方に気温が下がり、深い心地よい眠りに落ちることは、

作者の確かな実感であろう。

 


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

   秋澄むや玉虫色の鳩の頸    長谷川あや子

  取り合せと写生。俳句作りの基本の一句となった。

 「玉虫色の鳩の頸」は、光の加減で緑色や紫色に輝いて

 見えることを言っている。

 すでに言われているかも知れないが、「秋澄む」の季語と

 合わせると、一段と美しく見える。 

 自然が美しい色を見せる秋に、見慣れた鳩がきれいな色を

 秘めていた発見。