今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

 亡き母の諺口に出て小春      向笠 和子

 人声の坂を下り来る寒露かな    下鉢 清子

 新治村(にいばり)のこのごろ聞かぬ威銃    北見 さとる

 秋しぐれ下祢宜道の鹿濡れて    藤田 純男

 ながき夜や深夜便より吾子の声   向笠 千鶴子

 三囲社の狐さがり目秋うらら    河合 寿子

 蔦紅葉ふち取る窓や英語塾     見田 英子

 朝に逢ひ夕振り返る酔芙蓉     梅田 利子

 真葛原遥かに望む双耳峰      吉藤 とり子

 鴫立庵色なき風の通りけり     小野田 征彦

 帰る家ありてもひとり十三夜    平 嘉幸

 祖の田の今年限りの水落とす    石澤 青珠

 雲ひとつなき冬空の深さかな    瀧口 行子

 石榴笑むオランダ坂は急な坂    吉村 ゑみこ

 伐り株の檜の匂ふ鵙日和      田島 昭代

 葛の葉の来の宮風の無人駅     森島 弘美

 消火器を磨いてをれば鵙啼けり   吉田 七重

 身のしこり心のしこり初冬かな   向笠 千縁子

 秋惜しむ問香の呼気ゆつくりと   野 ふよ子

 新豆腐飛騨の水ごと切られけり   千葉 喬子

 露けしや百人町の合鍵屋      山口 冨美子

 さはやかや音声触知図案内板    志村 紗稚

 秋の磯庄内竿のしなりけり     斉藤 依子

紙コップのコーヒ熱き初時雨    宮崎 千恵子

菊咲いて天地いよいよ静かなり   原桃


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。


 一句選評 (同人集より) 和田順子選

     新豆腐飛騨の水ごと切られけり   千葉 喬子

 飛騨は水の美味しいところである。良いお酒が出来てよい豆腐も

出来る。飛騨高山の町を歩くと幾つかの酒蔵に交じってお豆腐屋

さんもあった。

  一緒に歩いた時、大抵は新走りの試飲に駆け込んだが、

作者はしっかりと水の中で切られる新豆腐に目を止めている。

  「水ごと切られけり」には、飛騨の水の堅さも冷たさも

十分に感得することができる。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

  秋の磯庄内竿のしなりけり     斉藤 依子

鶴岡庄内藩の藩中でつくりだされた細く長い海釣りの竿。

苦竹の四年物が上等とされ、値段も高い。

藩主自ら釣を楽しんだ竿を見たことがあるが、

驚くほど長い。四五メートルはありそうな竿は引きの

手ごたえが堪らないのだろう。秋の磯辺で釣りを楽しんでいる風景。