今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

  松籟をしみじみ聴かな十二月       向笠 和子

寒靄に溶け込んでゐる沼ひとつ      下鉢 清子

おほかたは縞のネクタイ初詣       北見 さとる

   高山

すつぽりと雪の二之町三之町       藤田 純男

あやふやな余生ふまへて日記買ふ     向笠 千鶴子

初霜のきらりとひかる朝日影       宮田 美知子

銀杏散る天のひかりの降るやうに     小松 洋子

竹炭の窯出し音を奏でけり        杉山 京子

銀杏落葉乾店(ほしみせ)並ぶ長参道         吉藤 とり子

   飛騨古川 

三寺のひとつをとばし年参り       岩田 洋子

海峡を光らせ時雨通りけり        小野田 征彦

卒寿の坂越ゆるきびしさ冬の菊      平 嘉幸

しぐるるや生国遠き志士の墓       石澤 青珠

冬の園貫くものに水の音         金山 征以子

鳥声を貯へてゐる白障子         鈴木 薫子

北風を来てさんざん泣きしやうな顔    谷中 淳子

見張鴨静かな群れに首を立て       中野 冨美子

交り合ふ電線低し冬の月         森島 弘美

柚子二つ残る高さに日の当たる      吉田 七重

水仙咲く羽生結弦が立つごとく      向笠 千縁子

寝ねがてのいまもちるべし山茶花は    永見 るり草

手に掲げ肩に担いで酉の町        倉橋

地の匂ひ父の匂ひの冬田打つ       亀井 孝始

隠居てふ言葉なつかし石蕗の花      菅野 晴子

大冬木日当つてゐる淋しさに       指田 昌江

横須賀に空母の泊つる寒日和       清水 ひとみ

風花の地上に届くところ見ず       小野 英明

子ら巣立ち柱ばかりの冬の家       金子 ふみ子

年の暮庭師の妻も来てゐたり       近藤 れい

白といふ色ふかぶかと山眠る       斎藤 依子


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。


 一句選評 (同人集より) 和田順子選

地の匂ひ父の匂ひの冬田打つ    亀井 孝始

久しぶりに力強い一句に出合った。人生の重みが感じられる。

父祖から受け継いでいる土地は、父が耕してきた土地である。

冬田を起こすたびに、全身を貫く懐かしい匂いがする。

作者は旧地主の家系で、いまも時々帰るのだといっておられる。

土地を耕せばいづれ帰るべきふるさとの匂いが押し寄せる。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

風花の地上に届くところ見ず    小野 英明

風花という美しい日本語を俳人ならずとも好きである。

まだ青い空から白い花びらのような雪が舞ってくる。

風に舞う姿を眺めるが、地上に届くところは、そういえば

見ていない。地に着くまでに消えてしまうはかなさがあるから

だろうか。作者の素直な観察眼が、風花らしさを捉えた。

<牡丹雪地に着くをみて傘ひらく・菟絲子> 好きな菟絲子の句

であるが、これは牡丹雪らしい。