今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


 突拍子に虚子忌の雪となりにけり    下鉢 清子

 とこわかの伊勢神宮や風薫る      藤田 純男

 落葉松の芽吹きの香り風に乗り     柳田 聖子

 春はやて奔流のごと雲逝けり      宮田 美知子

 春荒れを漕ぎぬき静かなる着岸     河合 寿子

 雀がくれ白いボールの孵りさう     小松 洋子

 椅子あらば座して聴きたき初音かな   杉山 京子

 靖国の兄の待つらむ花の蔭       梅田 利子

 水替えて樒の花をこぼしけり      岩田 洋子

 雉子啼いて美しき朝始まれり      小野田 征彦

 船着場跡とやあせび傾れ咲く      平 嘉幸

 砂擦りの藤の祭りや手向山       石澤 青珠

 駒返る草や風土記の丘まろし      金山 征以子

 白木蓮の風のひと日を地に移し     鈴木 薫子

 艶やかな日を存分に若楓        瀧口 行子

 流れとも波ともなりて花筏       浅井 妙子

 新緑の樹から生まれしやうな人     谷中 淳子

 鳥雲に十戸の村の野辺送り       田島 昭代

 振り返る所澤道花惜しむ        原 靜枝

 浄瑠璃坂袖摺坂と春惜しむ       倉橋

 春囲炉裏どの柱にも屋敷神       長谷川 あや子

 蝮草ひとりの山の深くなる       千葉 喬子

 伎芸天春の堂満つ吐息かな       金子 ふみ子

 いちまいに水しづかなる桜かな     松岡 洋太

 菜種梅雨繭の倉庫の赤レンガ      小林 千秋

 辛夷さき風の集まる高さかな      大橋 スミ

 梅散るや風に舞ふなどして見せず    小林 ゆめ子


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

   春囲炉裏どの柱にも屋敷神    長谷川 あや子

 囲炉裏を中心に暮らす住まいは柱も梁も太く大きい。

寒い地方は夏近くまで囲炉裏を使っている。

家を支えるどの柱にも屋敷神の御札が貼ってあるとも、

どの柱にも神様がいらっしゃるとも取れて、懐かしい

日本の住まいのありようが見えて来る。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

   菜種梅雨繭の倉庫の赤レンガ    小林 千秋

赤レンガ倉庫と呼ばれるものは函館を初めあちこちにあるが、この句は

繭の倉庫の」と詠まれるので生糸の輸出で栄えた横浜である。

今は倉庫の面影を利用した商業施設になってしまったが、昔は

日本経済を支えた生糸の保存倉庫であったのだろう。

往時を偲ぶ一句になった。

「赤レンガ」のレンガは外来語でないので煉瓦と書くべきと思われるが、

これは「赤レンガ」と登録されているのでこのままに。

ちなみに横浜では「大さんばし」と書く。