今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


松の幹日日朝日子の五月かな       向笠 和子

身が枯れて帰る軍刀梅雨の月       北見 さとる

梅雨や苔の匂ひも不破の関       藤田 純男

棹音も水音も涼し十二橋         柳田 聖子

芒種かな舟が舟曳くたつき川       小松 洋子

義母の忌の寺に際立つ山法師       杉山 京子

ほととぎずこゑいんいんと杜を統ぶ    平 嘉幸

水馬わざわざ混んでぶつかつて      石澤 青珠

応ふるに少し間を置く白扇        金山 征以子

土の香の充ちてをりたる芒種かな     浅井 妙子

黒南風や誰も空見ぬ交差点        谷中 淳子

忌の膳や水音近き夏料理         中野 冨美子

木天蓼の花沢音を遠くせり        田島 昭代

寧日の夜の雨音枇杷をむく        吉田 七重

麦秋やぽつんと一戸崩れ蚕屋       吉本 紀代

万緑や雨音強き新勝寺          野 ふよ子

麦秋や城を守りて真田石         小林 邦子

神の田の植ゑし日数を戦ぎけり      倉橋

ひとつひとつの草に名のあり沖縄忌    千葉 喬子

くしやくしやに雨をたたみて花菖蒲    指田 昌江

ラムネ飲む水平線に島一つ        山口 冨美子

学生はいつも眠たし栗の花        宮原 さくら

万緑や千木の要の菊御紋         村井 照子

小鯵釣る海より光釣り上げて       小山 純子


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

ひとつひとつの草に名のあり沖縄忌   千葉 喬子

623日は沖縄県慰霊の日である。昭和20623

日本軍が壊滅した日、沖縄の市民も大勢犠牲になった。

 沖縄忌も沖縄慰霊の日も歳時季に載るようになって、近年

よく詠まれるようになってよかったと思う。

 雑草と言う草はないと言われるように、人も植物も

生まれながらに名前がある。「ひとつひとつの草に名のあり」

は命の大切さを詠んだものだ。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

学生はいつも眠たし栗の花    宮原 さく

車中に一人になった学生が気持ちよさそうに寝ているのを

目にして詠まれたのだろう。座れば文庫本を読んでいた

学生の頃も最後はいつも眠っていた。期末試験も睡魔との

闘いであり、思いっきり眠りたいと思いつつ過ごしていた

学生時代が懐かしい。

 勉学にスポーツに、またアルバイトに励む学生時代の

健康な眠りは見ていて気持ちがいい。