今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)

盆が来る撃沈の子ら津波の子ら    向笠 和子

ががんぼやもう片方の足洗ふ     下鉢 清子

肩寄せて常磐の墓やさらの花     藤田 純男

夏草や流れは今も藤古川       柳田 聖子

島に咲きももいろ月見草といふ    河合 寿子

万太郎忌と父の忌重ね香を焚く    見田 英子

蝸牛角立て憲法改正論        小松 洋子

熊野詣まづは茅の輪をくぐりたる   岩田 洋子

面つけて神となりたり夏祭      小野田 征彦

夏草や怖げなる馬柵関ヶ原      平 嘉幸

七曜の雨にはじまる花うばら     石澤 青珠

白樺のきず無き幹や梅雨深し     浅井 妙子

送り火のあとの豪雨となりにけり   谷中 淳子

ひとり居の多き集落泉鳴る      田島 昭代

彦根屏風涼しき風の通りけり     森島 弘美

映画館出て七月の雨太し       吉田 七重

吟行に行けぬ杖拭く虎が雨      吉本 紀代

一日中立ち働いて日日草       原 靜枝

水指の蓋に芋の葉涼しさよ      久保 タツヱ

炎天や解体終へし競技場       小林 邦子

尻並ぶ本家分家の冷し馬       槇 秋生

金魚飼ひ電線多き町に住む      清水 ひとみ

この紙魚も行間読んでをりにけり   村上 コ男

千年の水音涼し藤古川        千葉 喬子

大学の夜のプールに泳ぐ人      指田 昌江

睡蓮の今日を選びて咲きにけり    斎藤 依子

汀ゆく大き足跡パウロの忌      渋谷 乃里子


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

金魚飼ひ電線多き町に住む    清水 ひとみ

いきいきとした下町の情景が見える。金魚や鈴虫など

小さな生き物を大切に飼って暮らす。人の往来も賑やか、

電線も縦横に走って活気のある町であろう。

動物も大切に、人のつながりも大切にする暮しが、近年

懐かしいものになりつつある。一句に動詞が二つ形容詞も

一つあるが、それを越えて訴えるものが俳句である。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

睡蓮の今日を選びて咲きにけり   斎藤 依子

睡蓮の美しさを詠んでいる。睡蓮の葉は水面に広がるので

白やピンクの花はどこからも見え、水上に咲くことが穢れ

の無い美しさに思える。

「今日を選びて咲き二にけり」は睡蓮の気持ちのようでも

あるが、実は今見ている花が一番美しいと感じる作者の

気持ちではないだろうか。

水辺の睡蓮を尋ねた作者の感動が詠ませた。