今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


初詣多摩の低山河つづり       向笠 和子

目に映るものみな寒き日なりけり   下鉢 清子

ぽつぺんを吹きて生れし子祝福す   北見 さとる

波郷忌や木曾の綿虫大きいぞ     藤田 純男

冬の霧幻想の街うかびけり      宮田 美知子

木豇豆のかく枯れ藤村記念館     河合 寿子

走り根の浮くも走るも落葉積む    小松 洋子

大壺に挿してありたる福みかん    杉山 京子

極月の野づらきりりと茜雲      梅田 利子

恵那山の淡き日ざしや大根干す    岩田 洋子

鷹の黙鷹匠の黙山の黙        石澤 青珠

極月の車中赤児に見られづめ     谷中 淳子

茶室への露地のしつらひ敷松葉    中野 冨美子

水車回る発電小屋や大根干す     森島 弘美

改札を大きな楽器十二月       吉田 七重

枯菊を束ぬ今年もよく咲いて     原 靜枝

山茶花や淋しき日にはよく散りて   高野 ふよ子

ふうの木に冬芽環状八号線      倉橋

波のなき海峡暮るる冬至かな     下島 正路

駅中の床屋混み合ふ一茶の忌     指田 昌江

草の家に泪供へて年迎ふ       大石 良雄

華やかな物日の料理小六月      石関 双葉

十二月八日避難路確かむる      小林 千秋

しぐるるや巡業力士の大銀杏     吉田 玲子

空腹はどこか安らぎ石蕗の花     廣田 生子

年つまる空き缶からから転げ出て   斎藤 朎子


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

   妻籠宿の暮しに馴染み背布団   山本 恭子

 背布団が懐かしい。寒さよけの為に小さな布団に紐を付けて

背に当てたり、子供の頃は真綿を伸ばして使っていた。

 妻籠の旅籠に泊まり垣間見た情景であろう。

 ダウンなど新素材もあるが、綿や真綿の温かさは馴染んで

みると捨てがたい良さがある。

 木曽谷の寒さは厳しい。薄れゆく季語の発見である。




 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

   十二月八日避難路確かむる   小林 千秋

 十二月八日は太平洋戦争開戦日、開戦日だけでは季語に

ならないので詠み方が難しいが、この句は十二月で切って

リズムもよい。

 避難路と言えば地震を想定するが、有事であることに

変わりはない。高台への避難路と防空壕への避難路が

重なって、重い内容ながらしっかり詠めている。