今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


残る花如何にいかにと来しが雨    下鉢 清子

水使ふことの安らぎ春かんばし    北見 さとる

起し太鼓漢の夜となりにけり     藤田 純男

潮騒の黒木の御所や鳥帰る      柳田 聖子

花万朶流れ歩きのよき日なり     河合 寿子

鐘打つて紋白蝶の湧き上る      波木井 洋子

素踊りの袖ゆつたりと春を舞ふ    小野田 征彦

ドラミングの音天に透く春の森    平 嘉幸

花冷や昔の闇の蔵二階        石澤 青珠

丘の春仔山羊の数の増えてをり    関口 玉枝

若桜修復なりし段葛         古賀 幹子

耳鳴りのはじまりさうな地虫の夜   谷中 淳子

花木倍子谿音谿へ吸はれけり     田島 昭代

日を返す水面の力夏近し       吉田 七重

花冷えや啄むやうに昼餉とり     吉本 紀代

記念樹にてんやわんやの花大根    倉橋

花冷の漢方薬の匂ひかな       槇 秋生

逃水のいざなふ隠れ耶蘇の島     千葉 喬子

亀鳴くや真田の城に残る井戸     下島 正路

花過ぎの月日しづかに身に添へり   近藤 れい

乗れさうな電車見送る日永かな    長谷川 あや子

鳥曇返す人亡き文庫本        清水 ひとみ

青饅や自適と言へば聞えよく     松岡 洋太

機首傾げ月を傾け人麻呂忌      小野 英明

全生園てふ一村に桜満つ       田中 虹二


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

    鳥曇返す人亡き文庫本   清水 ひとみ

  この句が句会で出されたとき、<鳥曇返す人なき

文庫本>であった。共感者が四名いて私もいただいた。

その時の講評で、季語が説明にならず良く付いている

と言った後で、「返す人なきはたぶん亡くなって、

鳥は帰るのに本は帰れないのね」と言ってしまった。

心優しいひとみさんは「人なき」を「人亡き」に

変えられたようだが、今読ませていただくと

「人なき」とひらがなの方がよかった。

その方がいろいろ想像が広がる。ごめんなさい。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

    全生園てふ一村に桜満つ  田中 虹二

 ハンセン氏病にまだ隔離措置がとられていたころ、

国立療養所は全国に十三あったと聞く。

その一つ多摩全生園(ぜんしょうえん)は東村山市にある。

  現在は完治し、幻の病気になってしまったが、

社会復帰のためにここで暮らす人が多い。空気がよく

自然に恵まれた園には、立派な桜が咲き、人々が

お花見に訪れるのである。

  園の中は、銀行、郵便局、売店などなんでも揃って

いるので、村のような機能を持っている。