今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


夕河岸や蝤蛑(がざみ)が籠を逃げたがり    下鉢 清子

草笛の荒ぶる調べなかりけり     北見 さとる

橡咲くや崖にはりつく流刑小屋    藤田 純男

まだまだと思ふ真夏日突と来る    宮田 美知子

薫風やどこか元気になる自分     杉山 京子

鳥海山の見下ろす羽州大植田     麻耶

山間の川千旒の鯉幟         吉藤 とり子

朴葉ずし届く頃なり若葉風      岩田 洋子

今朝咲けり魯迅ゆかりの泰山木    小野田 征彦

御影供や今に欠かせぬ木遣唄     髙平 嘉幸

法螺貝を吹いて稚児出す花祭     石澤 青珠

母の日の母の饒舌子の無口      谷中 淳子

余花の雨弾かぬピアノの黒き照り   田島 昭代

はつ夏の空磨きをりブラシの木    倉橋

覗かれて育つ茶房の目高かな     千葉 喬子

若葉して雨やはらかく室生道     下島 正路

千本鳥居若葉の風とくぐりけり    山口 冨美子

みどりさす点字の平和都市宣言    指田 昌江

香水瓶の深きブルーにある記憶    清水 ひとみ

夏木立練習中のジャグリング     長谷川 あや子

丸善へ足向く五月来たりけり     松岡 洋太

夏立つや船のデッキの白き椅子    吉川 幸子

車椅子押せば柳絮の見えてくる    上杉 和恵

卯の花や夕暮ひそとやつて来る    廣田 生子

新緑の平九郎茶屋そば旨し      奈良 晴子



     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

山笑ふ閉鎖の解けし峠道   今井 眞

この「閉鎖の解けし峠道」は、雪が解けてようやく

通れるようになった山道または林道である。

雪深いところでは、冬季通行止めになる。

山の木々が芽吹いて「山笑ふ」季節になり、

通行止めが解除されるのを山国の人たちは待ちわびる。

秋山郷や遠山郷へ行った時も営林署へ通行止め解除を

何度も確かめたことを思い出す。山国のこんな暮らしや

喜びもまた新鮮で懐かしい。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

夏立つや船のデッキの白き椅子   吉川 幸子

「船のデッキの白き椅子」はよく見かけるものであり、

すぐに目に浮かび目新しいことではないが、季語の

「夏立つや」によっていきいきと夏らしい風景に蘇る。

俳句は季語を抱いている季節感を詠むものと思う。

「船のデッキの白き椅子」は季節によっていろいろな表情を

見せる筈だ。「冬怒濤」ではどうか。冬濤に洗われるデッキが

見えてくる。まず季節を詠む楽しさを知ろう。