今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


衣更へ百万遍の数珠に入る        北見 さとる

どの家も栃の木があり新茶汲む      藤田 純男

寺ふたつ沈めしダムや花は葉に      河合 寿子

大楠の茂りも稲荷総社なる        久保田 庸子

お日様も山も植田も機嫌よし       麻耶

若葉風合掌家屋の黒光り         岩田 洋子

短夜やこきりこに湧く越中路       高平 嘉幸

万緑や家形埴輪に窓ひとつ        石澤 青珠

揚羽蝶低く飛び交ひ雨来るか       関口 玉枝

羽抜鶏禰宜につかへて前うしろ      中野 冨美子

夏蚕の灯消えたるままや一揆の地     田島 昭代

列車過ぎ緑の風を残しけり        吉田 七重

身構へることなき齢夏椿         高野 ふよ子

老鶯や合掌村の火縄銃          倉橋

露天湯のひとり麥熟星ひとつ       千葉 喬子

麦秋の口中暗き仁王かな         指田 昌江

たどりつく山廬閑けき走り梅雨      清水 ひとみ

あめんぼのすういすういと人嫌ひ     松岡 洋太

野茨や肌やはらかにピエタ像       酒向 節子

六月や鎮魂の風吹き初めて        上杉 和恵

文人の色紙十枚鮎の宿          小林 千秋

夏夕べ瓶並び立つ静けさよ        星 瑠璃子

苗打ちの畦を駆けたる田植かな      石川 久仁子



     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。



 一句選評 (同人集より) 和田順子選

たどり着く山廬閑けき走り梅雨  清水 ひとみ

山梨県境川の飯田蛇笏の生家を尋ねられた。

山廬は蛇笏の号でもあり、蛇笏亡き後龍太も住み、

一度は尋ねたい俳人の憧れの地となっている。

雨の中、車での到着だったので、「たどりつく」は実感

である。

いまでは、事前にお願いすれば、龍太さんのご長男の

ご案内を受けられる。「山廬」も「狐川」も心に刻んで

こられたようだ。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

六月や鎮魂の風吹き初めて   上杉 和恵

 623日は沖縄忌。広島忌・長崎忌を経て、敗戦忌を

迎えるまで、毎年鎮魂の思いに打たれる季節になる。

お盆の行事とも重なって、6月になると、はや、鎮魂の

風が吹き初めると感じることは、自然なことなのである。

死者の魂を慰め慰撫することで、自分の心の浄化は図れるが、

事態そのものの浄化は図れないことを知ろう。