今月の推薦句 和田順子選(清韻集・風韻集・同人集・繪硝子集より)


後の雛一対のみを飾りけり       向笠 和子

送り火のあとはみんなでをどりけり   藤田 純男

せせらぎは風湧くところ走り萩     波木井 洋子

豊年や雀の毛見は群をなし       小松 洋子

梶の葉や願ひの鈴の高く鳴る      小野田 征彦

八月大名膝に赤子を預かつて      石澤 青珠

パドックの騎手にも馬にも光る汗    古賀 幹子

山なみの近さ安らぐ今朝の秋      田島 昭代

朝顔や今日の予定をまだ決めず     吉田 七重

八月や被爆ピアノの音の祈り      倉橋

ハライソに続く海なり大夕焼      千葉 喬子

炎天や動きあるもの音のなく      下島 正路

吊革の二つを握り秋暑し        指田 昌江

桃冷やすわが身に残る水位かな     金子 ふみ子

図書館の窓苦瓜の曲り様        石澤 敏秀

秋暑し野外ライブのチューニング    長谷川 あや子

蓮華升麻朝の光に濡れてをり      桃子

山の日や大きな山の晴れわたり     松岡 洋太

好き嫌いなくて七癖生身魂       西浦 すみ恵

折鶴二羽そつと置かるる広島忌     渡邉 蛍水

関ヶ原鯨波となれる蟬時雨       清水 善和

空蟬や己れ壊れて過す日日       斉藤 聆子

帰らずにプールの雨を眺めをり     吉本 安良

こころにも満ち欠けのあり蓮開く    沼田 悦子


     上掲の作品について、一句鑑賞文をお寄せください。
    一句について200字以内、編集部宛てFAX(042-473-3632)
    にてお送りください。掲載させていただいた場合、
    俳誌「繪硝子」を贈呈いたします。


 一句選評 (同人集より) 和田順子選

  桃冷やすわが身に残る水位かな   金子 ふみ子

喉も乾いたことだし桃を冷やして美味しくいただこうと

思っている。「桃冷やす」も「西瓜冷やす」も、私たちは

冷たい井戸水に浮かせている様子を思うが、今はすべて

冷蔵庫のなかである。体が水分を要求して身体の水位が

下がっています、とウイットに富んだ詠み方が面白い。

 瑞々しい桃を戴いて体の水位を上げて下さい。


 一句選評 (繪硝子集より) 和田順子選    

  折鶴二羽そつと置かるる広島忌   渡邉 蛍水

 八月の投句には広島忌、長崎忌と折鶴を重ねて詠んだ

句が多かった。八月六日にオバマ大統領が広島を訪れ、

献花とともにけれいな和紙で自ら折られた二羽の鶴の

映像が私たちの心に届いた。四羽のうちの二羽である。

 作者もこのことを詠んでおられると思う。

 私たちの心も少し温かくなった。